あなたの社会貢献活動は成果を確約できますか? 活動が成果につながる論理(ロジック)を見える化して市民からの広い支援を集めましょう。

この講座について

社会貢献活動が市民からの広い支援を得るには「情」と「理」の両面で活動をアピールする必要があります。どれだけ美しい理想を掲げても、活動が「無駄な努力」と思われてしまっては支援は集まりません。

活動の妥当性を検証するツールとして近年注目を集めているのが「ログフレーム(ロジカルフレームワーク)」と呼ばれる手法です。この手法は、活動が理念実現に至るまでの過程を「活動」「結果」「成果」「ゴール」の4段階に分け、段階ごとに中間目標を設定し予想されるリスクまで記述することで社会貢献活動を”見える化”し、活動の妥当性を分かりやすく示すものです。

本講座は、「ログフレーム」手法を解説し、さらにログフレームを描く上で必要な「問題分析」の方法をワークショップによって体験していただくものです。

本講座で、ログフレーム手法を皆さんの活動に導入し、活動計画の最適化と支援の獲得につなげてください。

当日の流れとタイムスケジュール

当日は前半部分で講義を行った後、ワークショップ形式で一連の課題を行っていただきます(全2時間)。

  • あいさつと全体説明
  • ログフレーム手法の解説
  • 問題分析ワークショップ
  • まとめとふりかえり

こんな方を対象としています

  • 社会的企業に興味のある方。特に、NPO活動や社会的企業(ソーシャルビジネス)などのコアメンバーで新規活動/新規事業を計画中の方。

期待できる成果

  • ログフレームにより活動計画を最適化できる
  • 団体内部での意志統一が図れる
  • 外部に活動を説明しやすい
  • 支援者増加を期待できる
  • 定期的な活動見直しの際にもログフレームを利用できる

参加当日のご注意

  • 筆記用具だけお持ちください。教材は当日無料配布します。
  • 最少催行人数は3人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。
  • プログラムは予告なく変更される場合があります。
  • イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。

講師紹介

森山 明宏(ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)

  • 大手電機メーカーにて商品企画、リサーチ、ユーザビリティを担当し、2012年に独立してユーリカ株式会社を設立。経歴を生かし、宣伝からアフターサービスまでを含めた総体としての商品がお客様に提供する心地よい体験「UX」をデザインする「UXデザイナー」として活躍。主にWebサイトおよびスマートフォンアプリの新規開発や改善に参加。最近の興味対象は「UX手法による共感のデザイン」。

費用

お一人様3,000円(税込)

支払に関するご注意

  • 場所代・配布資料代等すべて込みの価格です。
  • 支払方法として銀行ATM支払、コンビニ支払、およびクレジットカード支払が可能です。決済にはストアカ(street-academy.com) の決済サービスを使用しております。
  • 弊社よりの領収証発行はありません。領収証の必要な方はストアカの領収証発行機能をご利用ください。
  • キャンセル受付の期限はチケット販売期限と同一です。チケット販売期限終了後は、参加の如何によらず参加費用の全額を請求いたします。キャンセルされる場合は、ストアカの定める所定の手続きに従ってください。また、キャンセルされる場合はストアカの定めるキャンセル手数料をお支払いください。

開催日・お申込み方法

最新の開催日程はストアカ(street-academy.com) にて公開しています。お申し込み希望の方は、ストアカの申込フォームよりお申し込みください。
ストアカで開催日程を見る

社会起業家講座

ユーリカの商品・サービスへのお問い合わせはこちら045-232-4510受付時間 09:00-17:00 (土日祝休)

問い合わせフォーム1営業日以内に回答します。